座骨神経痛

神戸 坐骨神経痛

神戸 坐骨神経痛

神戸 臀部の痛み

  • 腰から臀部にかけて常に痛みや違和感がある
  • 椅子に長い間座っていると痛い
  • 腰から臀部が痛くて夜寝るのが困難であr
  • 歩行時に痛みがある
  • 下肢に力が入りにくい

神戸 坐骨神経痛

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛とは、坐骨神経の付け根が圧迫され痛みがおこるタイプの神経痛で椎間板ヘルニアが原因となっているもの(ラセーグテスト陽性)、臀部にある筋肉の梨状筋による圧迫によっておこるもの(ラセーグテスト陰性)、その他原因が定かでないもの(ラセーグテスト陰性)などがあります。

通常MRIやレントゲンで異常がなく、下肢に痛みがある場合坐骨神経痛と呼ぶ場合が多いように思います。

坐骨神経痛と一言でいっても、その症状は必ずしも一定ではなく、さまざまです。
おもな症状には次のようなものがあります。

・腰、お尻、太もも、足の痛み・痺れ(特に太ももの後ろ側、ふくらはぎ)
・痛くて座るのが苦痛
・仰向けで寝ているとしびれが出てくる
・脚に力が入らなく、スリッパが脱げやすい
・痛くて前にかがむ、身体を反らすことができない
・身体を動かすと痛みやしびれが起こる
・歩行が痛くて困難になる    等

坐骨神経痛の原因

灘区 坐骨神経痛 図解

坐骨神経痛は本当の原因が理解されず正しい治療を受けていない人が多いように思います。坐骨神経痛は改善が難しいといわれていますが、原因が正しくわかっていないことが、理由だと思います。

当院に来院される患者さんのほぼ全ての坐骨神経痛の方は、腰からお尻の筋肉の強い緊張により坐骨神経痛の症状がでていました。

ようするに、レントゲンやMRIに異常がでなくても痛みが出るケースです。

お医者さんは筋肉の緊張まで見てくれない場合がほとんどなので、「骨に異常ありません」といわれなす術がないのが現状です。

坐骨神経痛のアプローチ

坐骨神経痛は湿布や電気といった対症療法ではたいたいよくなることはないでしょう。

なんせ痛みの原因は腰や臀部の筋肉の緊張にありますので、その原因を取り除くことが根本療法になるはずです。

坐骨神経痛 当院の事例

例1

患者さんは神戸市西区在住47歳女性。バレーのレッスンや仕事で長時間立っていたため、臀部に違和感を感じる。
当院で骨盤矯正、骨盤全体と坐骨の調整をしたところ、4回の施術で痛みは引いた。

コメント

この患者さんは職場で長時間立ち、また冷えているため、症状が発症したと思われます。当院で骨盤矯正を行い、筋肉の弛緩をすると簡単に痛みはとれました。あとは保温に務めるように指導しました。

症例2

患者さんは神戸市灘区在住80歳女性、特になにもした記憶はないが1か月ほど前から腰から臀部が痛く、近くの整形外科で坐骨神経痛と診断される。湿布や電器の治療をするが改善せず当院に来院される。当院にて骨盤矯正、臀部の筋肉の緊張を取り除き3回の施術ですべて改善したため、終了する。

コメント

この患者さんは、娘さんの紹介でご来院されました。1か月の間、近くの整形外科に行くも症状が改善しないため、当院に来院されました。坐骨神経痛は、湿布や電器といった対症療法ではまず改善しません。この症状は、当院のような民間療法の腕の見せ所かと思います。