膝の痛み(変形性膝関節症)

神戸 変形性膝関節症

神戸 変形性膝関節症

【どこにいってもとれないひざの痛み、お気軽にご相談下さい!!】

当院の膝の【関節軸矯正法】は年だから、太りすぎと言われた人でも大丈夫!

神戸 膝痛

  • 階段の下り上りが痛い
  • 湿布、電気、痛み止めなどの対処療法はイヤだ
  • できれば手術をしたくない
  • 朝起きた時が痛い
  • 娘や孫に迷惑をかけたくない

灘区 変形性膝関節症

灘区 膝痛

膝の痛みほどいい加減にされている治療はない

現在ひざの痛みでお困りの方は2000万人ともいわれ日本人の約6人に一人が該当してしまうことになります。

最近どこの町でも病院や整骨院が乱立していますが、膝の痛みでお困りの方が、まったく減っていないのが現状です。

また現在の治療法、電気や湿布、痛み止めの治療がひざの痛みに対してほとんど効果がないことに関しては、われわれ治療家だけでなく一部の医師までもが認めています。

ひざの痛みを解消するには根本的な療法が必要です。

 

ひざの痛みを改善させるには関節のゆがみを矯正し劣化した筋肉の機能を向上させることが必要です

神戸 灘区 膝痛

ひざの関節はひざの曲げ伸ばしするためのみにあります。

地面からの衝撃や自らの体重による負荷はすべて筋肉がうけます。 しかし、関節自身にゆがみが発生したり、筋肉が劣化したりすると、関節に直接負荷がかかってしまいます。

こうなると関節に直接負荷がかかってしまいます。その結果関節軟骨は減少し、骨量が増加します。つまり変形が一段と進みます。

膝の痛みを解消するには、ひざの関節のゆがみなどを矯正し劣化した筋肉の機能を向上させることが必要です。

 

当院では終わりのある施術を目指します

当院に来院されるまでに10件、20件と病院や治療院、整骨院に通われた方がたくさんおられます。

現在、膝の痛みに対し効果がある治療院が、極めて少ないため、次々と新しい治療院を探しておられるのです。

しかし、 当院の治療法「膝の関節軸矯正法」は膝の痛みが根本的に改善する数少ない治療法の一つです。
当院では膝の痛みでお困りの方に対して終わりのある施術を目指します。

 

神戸 ひざの痛みでお困りの方

ひざの痛みの当院の事例です。ぜひ参考にしてください

症例1 変形性膝関節症

患者さんは神戸市東灘区在住の62才女性。7~8年前より身内の介護をしているうちに右ヒザの痛みが悪化。近くの病院で湿布や痛み止めの薬を飲むが改善しない為知人の紹介で当院来院。「膝の関節矯正法」を行い7回目の施術で50%改善、9回目の施術で80%改善、13回目の施術で全ての症状が解消し施術を終了する。

コメント

この患者さんは、大変努力家のかたで、整形外科の治療以外にも、プールで歩いて、筋肉を鍛えたりしましたが、改善しませんでした。当院にて、「膝の関節軸矯正法」を実施し、無事改善しました。当院でひざが治ったのち、この患者さんがプールサイドをスムーズに歩いていることにより、噂を聞いた他の患者さんが次々に御来院されました。

症例2    半月版損傷

患者さんは、神戸市灘区在住38才女性。1年くらい前より両膝(ヒザ)が痛く仕事中立っていられないということで、近くの整形2件を受診したが2件とも半月版を損傷しているため手術が必要と診断される。なんとか手術を回避し、痛みを止める事が出来ないかと当院に来院。「膝の関節軸矯正法」を行い、2回の施術で全ての症状が解消し施術を終了する。

コメント

この患者さんは、主婦で理容師と大変お忙しい方です。私がお世話になっている床屋さんの奥様です。近くの整形外科2件とも、痛みをとるためには手術しかないといわれて、大変ショックだったと思います。しかし当院にて、『膝の関節軸矯正法』を実施し、関節の歪みを取り除けば、症状は容易に改善しました。月一回程度、床屋でお会いしてますが、今では元気に仕事をされております。